DHAで健康に

DHAとは

DHAとは、不飽和脂肪酸のひとつで魚に多く含まれる成分です。
これを人間が摂取することで健康的にいろいろな効能があることがわかってきました。

 

みなさんは、一度はテレビのコマーシャルやクイズなどでDHAすなわちドコサヘキサエン酸ということばを聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

また、DHAが健康にいいということもインプットされている方も多いと思います。

 

DHAとは略称で、正式にはDocosahexaenoic acidで、不飽和脂肪酸のひとつです。

 

 

 

ω-3脂肪酸に分類される化合物を指しています。
このは魚油に多く含まれているとされています。

 

dha

 

最近ではいろいろ健康に効くことが分かってきて、各種のサプリメントとして用いられることが多くなってきました。

 

体内で合成できないため食べ物から摂取しなければならない脂肪酸です。体内で合成できない脂肪酸を必須脂肪酸といいます。

 

DHAは、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」ではEPAも含めて1日に合計で1g以上の摂取が望ましいとされています。

 

EPADHAは、同じ、n-3系多価不飽和脂肪酸の仲間です。違いは働きや効果が違っているだけです。

 

DHAを多く含も食べものは、魚油食品、タラ、ニシン、サバ、サケ、イワシ、ナンキョクオキアミなどがあげられます。

 

DHAの摂取には、定期的に、脂肪の多い魚(200〜300g)を週に3回程度食べることが望ましいとされています。

 

目安にするのならば、焼いたサンマなら約半尾分・小型のイワシで計算すると約2尾分。
刺し身であれば、マグロ(トロ)で4〜5切れ、ブリで6〜7切れになります。

 

たとえば、八丈島(.hachijojima)の魚には、DHAが多く含まれています。

 

 

昔の食生活ならば当たり前に取れたのかもしれませんが、今では肉類中心の食事をする方が増えてDHAの摂取もなかなか難しいものになってきたのではないでしょうか?

 

これからの健康を考えた場合には、DHAの摂取は不可欠であり食事やサプリメントを通して計画な摂取が必要になると思います。

 

DHAの効果としては、学習能力・記憶力の向上視力低下の抑制やメタボリックシンドロームの代表的な動脈硬化の予防高脂血症の改善血栓の抑制高血圧の抑制があり運動能力の向上老人性痴呆症の改善・予防抗アレルギー、抗炎症作用、アトピーの改善など、有益な健康を保つための効能があるのです。

 

dha

 

会社の人間ドックなどで高血圧や高脂血症の診断をされる人が多くなってきています。

 

将来、脳梗塞や心臓病など血管障害の予防としてもDHAはかかせないものであり、薬ではないので安心して摂取することができます。
計画的にかつ効果的に摂取するのならばDHAのサプリメントがオススメです。

 

毎日一定量のDHAを摂取していけば、メタボリクシンドロームの数値も改善されて病気の予防に最適だと思いますよ。

 

コラム:青魚の宝庫・八丈島情報

 

Hachijojima(伊豆7島の1つ)は、東京の290kmの南にある亜熱帯のパラダイスです。山や滝で泳いだり、通った海の中に飛び込むことまで、八丈島は探検に最適です。ハワイ・マウイ島との姉妹都市関係がある衝撃的な島に足を踏み出すには、東京の竹芝ポートからの毎夜のフェリー・ドライブがおすすめです。または、東京・羽田空港から、毎日4便、45分間のフライトであっという間です。八丈島で、DHAが豊富な青魚を満喫しましょう。

武田薬品が製造承認を取得した、「ロトリガ」はDHA、EPA医薬品にしたもので高脂血症治療薬のオメガ-3脂肪酸エチル(商品名ロトリガ粒状カプセル2g)です。

 

以前、新聞にDHAが痴呆の改善に効果があったとする記事が掲載されたことがあります。

 

その内容は、脳血管性の痴呆症患者13人とアルツハイマー病の患者5人に6カ月間、服用していた脳の循環改善薬と合わせて、DHAの錠剤(DHA含有量95mg)を日に10-20錠飲んでもらった。

 

その結果、意欲や対人関係などの症状で、脳血管性痴呆症では9人の症状が改善、アルツハイマー病では全員の症状がやや改善した。

 

dha

 

脳血管性痴呆症の24人に、脳の循環改善薬だけを同じ期間飲んでもらった場合、症状が良くなったのは2人だけだった」とするものである。

 

現時点でDHAの投与を中止すると症状は元に戻る傾向があるといいます。

 

DHAが生き残った神経細胞の働きを活発にし、痴呆症の根治薬ではないが、改善や予防に有効だという研究が発表されています。

 

ここでいうDHAというのは医薬品ではなく、健康補助食品であるということです。
DHA医薬品というと武田薬品が製造承認を取得した、「ロトリガ」があります。

 

高脂血症治療薬のオメガ-3脂肪酸エチル(商品名ロトリガ粒状カプセル2g)です。

 

dha

 

高脂血症の治療では、食事療法とともに、薬物療法が重要な位置を占めています。

 

魚肉を多く摂取するグリーンランド在住民族に動脈硬化性疾患が少ないという結果から青魚に多く含まれるEPADHAなどが注目されていてこの薬の開発に至っています。  

 

承認時までの臨床試験では、何らかの副作用(臨床検査値異常を含む)が9.6%に確認されている。主な副作用は、下痢(2.5%)であった。

 

また、血小板凝集抑制作用があることから、出血している患者に対しては禁忌であることになっています。

続きを読む≫ 2013/12/13 11:14:13 人気DHA商品

青魚に多く含まれているDHAEPAなどの「オメガ3 」必須脂肪酸と言われています。

 

必須脂肪酸は脳の働きを良くしてくれたり、血液をサラサラにして高血圧の予防や、動脈硬化の予防に効果があることがわかっています。

 

dha

 

最近では、アンチエイジングの効果があることがわかっています。

 

女性の場合は肌細胞に含まれる「オメガ3 」がコラーゲンの生成を促して美肌を実現するアンチエイジング効果などの役割をすることがわかっててきました。

 

 

DHAなどの「オメガ3 」は今まで健康維持の目的だけで、青魚を食べたりサプリメントを飲んだりしていました。

 

 

しかし、これからは化粧品などのように使われて、肌の美容アンチエイジングのために摂取していくようになっていくと思います。

 

DHAEPAは優れた効果がある成分です。
欠点として不安定で酸化しやすく、吸収されにくいということがあります。

 

最近では美容的な観点から、DHAEPAも研究されて、「オメガ3」を独自製法により高度に濃縮し、安定化させ、吸収力を高めた製品化も行われています。

 

またDHAEPAは匂いもありますが、その点も解消しています。

 

dha

 

肌の活性化や目尻のシワ、目の下のクマ、下瞼及び頬のタルミ等を改善していく効果もあります。

 

このようにDHA、EPAなどの「オメガ3 」と言われている必須脂肪酸を健康のためだけでなく、化粧品などによって美容のために使用することによってアンチエイジング効果が出てくると思います。

 

 

オメガ3」の必須脂肪酸がダイレクトに栄養成分を細胞の奥までと届けて、活性化された細胞膜を造る役割を担うようになったのです。

 

 

続きを読む≫ 2013/12/10 20:42:10 人気DHA商品

DHAを摂取すると頭が良くなるということをよく聞きます。

 

DHAの脳内での働きは脳の神経細胞が情報を伝達するうえで重要な役割をしているために脳の情報伝達が効率化するそうです。

 

dha

 

ある研究では妊娠中と母乳を与えている間に、母親がドコサエキサエン酸(DHA)を含むタラの肝油を摂っていると、子供の知能指数IQが高くなるという報告がなされました。

 

またノルウェーでは、妊婦が妊娠第3期から出産後3ヶ月(母乳)までDHAを含むタラ肝油のサプリメントを服用した結果が発表されました。

 

それによりますと、子供が4歳まで成長した時に知能指数IQ検査をすると、タラ肝油群48人の平均が106.4でコーン油群36人の平均の102.3よりも高いことが示されまた、生まれた子供にタラ肝油を飲ませても知能指数に差は認められなかったとのことです。

 

これだけ見ますと、直接子供にDHAを摂取させるよりは、妊娠中または母乳時期にお母さんが摂取すれば効果がありそうです。

 

dha

 

しかしながら、DHAはいろいろな健康維持のために効果を示してくれます。
高血圧や動脈硬化の予防やがんやインフルエンザにも効果があることが分かってきました。

 

そのためにも、お子さんや自分自身にも積極的にDHAを摂取していただきたいと思います。
一日のDHAの摂取したい目安は1gです。青魚を普通に食べていければ大丈夫な量です。

 

また缶詰でもDHAは十分な量があるので青魚の缶詰は用意しておきたいものです。
また今ではいろいろなサプリメントもあるので、自分に合ったものを購入してDHAを摂取しましょう。

DHAは、脳の中でリン脂質として存在しています。
リン脳組織のうち脂質の割合は、大脳髄質(脳の中心に近い内部)で約55%、大脳皮質(大脳の表面に近い部分)で30%強です。

 

そのうちリン脂質は、大脳髄質で25%程度、大脳皮質では23%弱となっています。
またリン脂質は、ニューロンと呼ばれる脳細胞全体の膜をつくる物質です。

 

ニューロンは表面からシナプスと呼ばれる樹状突起を伸ばして、脳内をいろいろ情報伝達の一つです。この突起を伸ばしたり維持したりするのに必要なのがリン脂質であるのです。

 

DHAは脳細胞を作り充実させるのに欠かせない物質なのです。
このDHAを摂取することによって、脳にもいい影響があると言われています。

 

リン脂質に関係するものとしては、大豆からとれる高純度の植物性ホスファチジルセリンがあります。

 

これをDHAを一緒に取ることによって、老化などの脳の機能の低下を改善・維持するうえで重要な役割を果たすことが期待できます。

 

この他にDHA血液をサラサラにする効果から、さまざまな血液疾患の予防もしてくれます。高血圧・動脈硬化の予防などもあります。

 

DHAは一日1gの摂取することが望ましいとされていますので、その多くを含む青魚を積極的に食べたいところです。

 

ただし魚には水銀などの物質が含んでいることもあるので、妊婦さんなどは魚の種類や産地や量などに注意する必要があります。

 

もちろんDHAだけではなく、相乗効果を狙って、ホスファチジルセリンやブルーベリーなども取っていけば脳や目にもよい効果をもたらしくれるものと思います。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸です。
青魚に含まれていますが特にマグロなどの魚の眼窩油(眼の後にある油)に多く含まれていることがわかっています。

 

DHAを摂取することによって、高血圧や動脈硬化の予防に役立つとともに目などにもよいとされています。
これと同時に相乗効果のあるものを摂取していけば将来のための健康維持のためによいものとなるでしょう。

 

その一つとしてブルーベリーがあります。ツツジ科の落葉小低木で、原産地は北米からカナダにかけての一帯で収穫されます。

 

dha

 

夏から初秋にかけて鮮やかな濃い青紫色の実を結ぶ小果実などで、よくジャムなどでパンにつけて食べる人も多いでしょう。、15種類のアントシアニンが含まれています。

 

ある研究によると、眼精疲労を訴える患者にブルーベリーエキスを一日量62.5mg使用したところ、眼の疲れや痛みが軽減など有効であったという報告があります。

 

dha

 

視力回復効果や眼の疲労感の自覚症状の改善に有効であるということが報告されています。

 

また別の研究では、白内障にも大きな効果があるとのことで、「抗酸化力が野菜や果実の中でも横綱級のブルーベリーで白内障の直る人が多い」ということも言われています。

 

一方、ブルーベリーには強力な抗酸化作用があるので、酸化しやすいDHAと一緒に摂取することによってDHAの効果も引き出してくれることでしょう。これからはDHAと一緒にブルーベリーも摂取いきたいものです。

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、さらに多価不飽和脂肪酸には、n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸などの種類があります。

 

不飽和脂肪酸とは脂質の材料で、エネルギー源や身体の構成成分となるほか、DHAなどは、血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあります。

 

魚類や植物油に多く含まれ、常温では液状で存在します。
マグロ、イワシ、サンマ、オリーブ油、ゴマ油、シソ油、グレープシード油などに多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸の一種である、DHAEPAは、主に青魚の油に含まれている成分です。

 

脂質なので、さんま、さば、いわしなどいわゆる油の乗った青魚に特に豊富に含まれています。油の乗った魚はおいしいですよね!

 

どちらも血液をサラサラにする健康成分といわれていますが、またDHAには、脳の機能を向上させたり、抗うつ作用があるといわれています。

 

dha

 

最近の発表では、物忘れを訴える高齢者にDHAとARAの摂取は即時記憶と集中力の向上に効果があったと報告されています。

 

このようにいいことづくめのDHAですが、不飽和脂肪酸は酸化しやすいという欠点があります。

 

dha

 

ですから、サプリメントとしてDHAを購入するのならば、酸化したトランス脂肪酸がないような成分を選んで購入するようにしましょう。

 

そうすればDHAの働きにより、血液の流れをよくして動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、高血圧などを予防してくれますし、また血液中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすという重要な働きをDHAはしてくれるのです。

 

トランス脂肪酸(trans fat、trans-unsaturated fatty acids、TFA)とは、一定量を摂取すると、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、2003年以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えています。

 

トランス脂肪酸は、天然の植物油にはほとんど含まれず、製造する過程で発生するため、それを原料とするマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに多く含まれています。

 

バターよりマーガリンは「植物油から作られているから体にいい」といわれていて、マーガリン派も多かったと思いますが、トランス脂肪酸の危険性が指摘されています。

 

DHAを摂取する場合には特に気をつけなくてはいけません。

 

DHAEPAは酸化しやすいものとなっています。酸化するとトランス脂肪酸というサビやすい脂になってしまうのです。

 

DHAをサプイメントとして飲む理由の一つには、「善玉」プロスタグランジンの材料のオメガ3を体に取り込み体質改善をするためです。

 

しかし、酸化したDHAを摂取すれば全く逆効果になる可能性もあります。

 

トランス脂肪酸を多く摂ると、血液中の悪玉コレステロール濃度を増加させて、血管疾患などの病気のリスクが高くなってしまいます。

 

DHAのサプリメントを選ぶ際にはこういったことも注意しなければなりません。

 

製造工程や製造後の成分結果を表示してあってトランス脂肪酸が検出されていないことを確認しておかなければなりません。

 

安易に安いからといってDHAのサプリントを購入せずに、いろいろと調べて購入しましょう。

 

最近では多くなってきたDHAのサプリメントですが、薬とは違うためにいつ飲んだらいいかの表示をしていないものがおおいです。

 

そのため一日のうちで朝食後とか夕食後または、食事にこだわらず適当な時に飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

いつ飲んでもいいとは思いますが、サプリメントの種類によっては飲むタイミングをつかんでおいたほうがいいものもあるので、主な成分について知っておいておく方がいいでしょう。

 

成分は大まかには、脂溶性、水溶性に分かれます。

 

DHAなどは脂溶性のビタミン(A,D,E,K)と同様なものですので、胃で食物の脂肪分が消化されるときにその消化の助けを借りることで吸収されやすくなります。

 

逆に、こうしたDHAなどの脂溶性物質を空腹時に飲むと、吸収されずにそのまま体外に排出される可能性もあります。
これではせっかく買ったサプリメントも効果がないものになってしまいます。

 

一方の水溶性のビタミン(B、C)については、だいたい3〜4時間で体外に排泄されるので、1回にまとめて取るよりも、一日で何回かに分けて取った方が吸収されやすいでしょう。

 

サプリメントの一般的な吸収率は、起きて活動しているときより寝ているときの方が高くなるといわれています。

 

DHAのサプリメントは今ではいろいろな種類のものが出回っています。

 

飲み方が書いてあればそのとおりに飲むのがベストですので、適当に飲むのではなくきちんと守って規則正しく飲んで行きましょう。

活性型DHAとは、DHAの中でもマグロなどの青背の魚のDHAよりも抗酸化能力の高いものをいいます。

 

このため活性型DHAは、活性酸素が細胞や遺伝子を破壊するのを弱めてくれます。この効果は青背の魚に含まれるDHAよりも強いものとなっております。

 

スペインのBurdy社の商標名であるアルガトリウムは、この活性型DHAを多く含んでいます。
つい最近まで日本では生産されていませんでした。
すべて海外からの輸入品ばかりでした。

 

アルガトリウムはオメガ脂肪酸の一種です。
アルガトリウムはオメガ脂肪酸の中でもオメガ-3脂肪酸という種類に属し、このアルガトリウムの仲間にはドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)などがあります。

 

アルガトリウムは、DHAの持つ抗酸化作用や年を取ることによって起る老化の 原因を抑制することによって、老化を予防したり、老化を改善する抗加齢療法、抗老化療法などのアンチエイジング効果、疲労回復などの体に良い効果をもたらしくれる活性型DHAです。

 

アルガトリウムを含むサプリメントは、「DHA含有精製魚油」と表示されていることがあります。
日本で唯一、アルガトリウム表記が認められているのは株式会社明治のみです。

 

アルガトリウムの約70%は活性型DHAです。また、オメガ-3脂肪酸の一種であるEPAも約3%含まれています。
EPADHAと同じく循環器系における中性脂肪の低下心筋梗塞、血栓の予防などに効果があると言われています。

 

青魚のイワシやサバ、マグロ、カツオ、サンマなどのを食べると、これらのDHAEPAをたくさん摂取することができます。

これからの時代、中年の見方はDHAです。
なにせ血液をサラサラにしてくれて、血圧を下げてくれる効果があるので大助かりです。

 

DHAを豊富に含んでいるのは魚なのはご存知でしょうか?からあげや焼き肉ばかり食べていてはいけません。もっと積極的に魚を食べましょう。

 

ただし、魚の種類によってはDHA含有量には大きな差があるのでDHAを積極的にとるためならばいろいろと含有量を調べてみましょう。

 

dha

 

DHA含有量には大きな差があります。DHAは脂に含まれているので、当然、脂たっぷりの、ややこってりめのお魚がおすすめです。

 

DHAの含有量が多いのは、イワシやサバなどのいわゆる青魚です。
また、マグロなら霜降りのトロの部分に多く含まれています。

 

カブト煮などで食べる目の裏のゼリー状の部分(眼窩脂肪)には、最も多くのDHAが含まれています。青魚以外ではウナギ、サケ、筋子などにもDHAの含有量が豊富に含まれています。

 

また意外かと思われるかもしれませんが、保存食品である缶詰にも多く含んでいるので、スーパーでよく安売りしている「さば水煮」「さば味噌煮」「さんま蒲焼」「いわし味付」などの缶詰を目にしたらまとめ買いしておきましょう(笑)

 

dha

 

理想想的なDHAの摂取量は、一日に1g程度とされています。焼いたサンマなら約半尾、刺し身であれば、マグロ(トロ)で4〜5切れ、また脂肪の多い魚200〜300gを週に何回か食べてみるのもいいでしょう。

 

一番のお勧めは、dhaをサプリメント摂取することです。

 

運動も併用して、メタボリックな体を健康的なものへと移行していきましょう!